プロフィール

和井シティ元伍長

Author:和井シティ元伍長
ビロニスト仲良し倶楽部 会員番号89

株式投資を始めて2週間ほどで和井田製作所[6158.JQ]でジェットコースター酔いし、その後上方修正のニュースで飛びついたサンシティ[8910.T2(→現在T1)]でコンボに遭う・・・
そこから新興プランテック[6379.T2]で長いこと民間人でいたものの、ライブドアショックを機に大損を被ってしまった・・・
そんな弱小ビロニストの不定期更新ビログです (´・ω・`)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
とんだ喰わせ物・・・・゚・(ノД`)・゚・
昨日買った銘柄・・・
決算発表と同時に、今期の予想を出してきたのですが・・・

なに?ちょっとこれ?なめてんの??

心が折れそうですクマ・・・

クマオワタ・・・
スポンサーサイト
【2007/02/27 15:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
次期お守り銘柄新規買い…
まずは報告まで…

とはいえ、初めに購入を考えてたときに買ってれば、すでに20%とれてるのは内緒クマ…
(´・ω・`)

過去の決算短信を考察してから書きたかったクマがね~

後日この銘柄については、追記しますぉ
【2007/02/26 11:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『割安』のブルース : 『割安』という根拠とは・・・?
今回は、個別銘柄じゃなくて最近話題となったトピックについて書いてみるクマ~

最近活発な日本企業のM&A。
その中で米投資ファンドのスティールパートナーズの名前と共に、ニュースでは「割安な日本企業の株式(または企業)」というフレージングを耳にするかもしれません。
ところで、このフレーズに違和感を感じる個人投資家も少なくないと思います。

なぜなら、同業種において『PER・PBRが割安』などと判断する場合が多い人たちにとって、スティールの保有する株式って本当に割安なの?という疑問がつきまとうのでは?と考えるからです。

スティールの保有割合が多いところをみてみると、アデランス<8170.T>(24.69%)、三精輸送機<6357.OS>(24.57%)とあります。
アデランス・三精輸送機共に業績予想は今期・来期ともほぼ横ばい。
アデランスは現状PER20倍付近で推移しておりますが、三精輸送機は2月19日現在38倍付近まで買われております。
PER・PFERなど業績面のファンダメンタルズ指標からはそれほど面白みの無い投資対象に見えなくも無いのですが、手元に潤沢なキャッシュがあるというのが、他の会社と一味違うところなのです。

スティールの持つ銘柄は比較的マイナーなところがあるかもしれませんが、このような傾向は国際優良株にも見られる傾向でして、キャノン・任天堂・武田薬品工業など利益剰余金が潤沢な企業は外国人持ち株比率がえらいことになっています・・・
(おいしいところはみんな外資が持ってくのね・・・ (´・ω・`))

先日会議室ではこの基準が話題となり長期投資の参考になる視点がまた増えることとなりました。



さて、スティールの今ホットな銘柄、サッポロHDはどうなのか。
有利子負債も多くPER・PBRなどの指標にも魅力は感じられません。しかし、ここには簿価には表れてこない実勢価格の不動産もあるわけで、その含み資産について、弱含みのファンダメンタルズ指標を凌ぐような魅力を見出していることでしょうね・・・


さてさて、世の中には『安い』という根拠を持って買いを入れるという行動が自然だと思います。
今回のスティールのような割安判断基準を持って投資する目線もあれば、再三取り上げてきた竹田和平さんのような業績・配当から導き出す判断基準もあったりするわけでして、どれが間違ってるということも無いと思います。

したがって、買い方にとって割安と判断する基準をどれにするかは・・・・・

自由だぁ~~~(犬井風に(笑))

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/02/20 01:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
わいしてぃの割安発掘隊[東テク、9960.JQ]
種があったら欲しい銘柄。私にとって真っ先に思い出されるのが、9960東テクです。

四季報をご覧になると分かると思うのですが、今期も増益基調ですが株価自体は昨年とあまり水準が変わっていません。
PERも9倍そこそこ、PBRは0.6倍。だからといって、ファンダメンタルズ面で危険というわけではないため、割安投資の王様、竹田和平氏も大株主に名を連ねています。

ここのネックと言えば、とにかく人気がない、流動性がない、現状の株価では買収リスクが常につきまとうなどがあると考えられます。
四季報でも、その点には常々言及しており、分割・増配などの提案は何季か続けて見られております。

それを期待してか、去年も決算に向け高値をつけているように見えます。

さて今年はどうなるか?
直近の売り上げは好調のようですし、ポジティブな材料狙いで決算まで持ってみるのも面白いのではないでしょうか。

ほんとに自分にも余力があればBuy&Holdしたい銘柄クマ…
【2007/02/11 02:17】 | 銘柄 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。